仔犬をおうちに迎えたら

①仔犬さんの部屋を準備しよう。

まずはリラックスできる環境を整えてあげましょう!

 人間も犬も「安心して眠れる場所」があって、初めて心身ともに健康な状態でいられます。
分離不安や吠えなどの問題行動を示す犬は、その犬専用の寝床が用意されていない家庭に多く見られると言われています。
 まずは仔犬さんが安心して眠れる、仔犬さんのためだけの場所を用意してあげましょう。
 快適な睡眠が仔犬さんの心を安定させ、飼い主さんへの過剰な依存を避けることにもつながります。

 例えば、このようなサークルを使って仔犬さんの部屋を用意します。
この部屋を置く場所も重要で、必ず、外部からの刺激が少ないリビングの隅などの奥まった場所に置きましょう。
玄関や窓の近くは、外界の音や光が刺激となり、落ち着かず安心できません。
またテレビや洗濯機の脇など、音の出る物のそばは避けてください。

この部屋の中にはベッドとトイレを入れます。ベッドの形も重要です。

 このような、ドーム型のベッドを用意してください。なぜなら、犬たちには「穴ぐらで寝る」という野生だった頃の習性が残っているからです。
穴ぐらで寝ることで、外界の刺激から守ってもらえる安心感を得て、精神的にも落ち着きます。

 また、ベッドの代わりに、こういったクレートを使うのも良いと思います。
クレートが「落ち着くベッド」という習慣の仔犬さんは、クレートで大人しく出来ますので、電車にも不安なく乗れるようになりますし、お出かけも出来ます。
そして何より、災害時に一緒に安全に避難することが可能になります。

②病気や予防について準備しよう。

ホームドクターをつくりましょう!

仔犬さんを迎える時は事前に動物病院選びをしておきましょう。

 もちろん動物病院は病気を治療する場所ですから、病気になったら行かなくてはなりません。しかし、もし病気になって初めて行った動物病院で、初めて会った獣医師にいきなり「手術しましょう」と言われても、信頼関係が出来ていなければすぐには決断できませんよね?
 ですから、健康な時から動物病院に行き、獣医師や看護師と会話をし、どんな人達が働いているのか?病院の設備は?などを知っておく必要があります。  

 まずは仔犬さんを連れて来なくても、飼い主さんだけで大丈夫ですので当院にいらしてみて下さい。
実施に足を運んでみることで、病院の雰囲気や、獣医師や看護師が飼い主様と合いそうかどうか、をチェックすることが出来ます。
そして色んな質問をしてみて下さい。

  • 診察時間は何時まで?
  • 休診日はあるの?
  • ワクチンはいつ、どんな間隔で打つの?
  • うんち検査はした方がいいの?
  • しつけはどうしたらいいの?
  • どうやって連れてくればいいの?
  • 夜中に急変したら、どうしたらいいの?

などなど…。当院スタッフが一つ一つ丁寧にお答えします。

 そういったやり取りをして、ホームドクターとして当院を選んで頂けましたら、改めて仔犬さんを連れてご来院ください。健康診断や予防について、相談しながら、その子に合ったアドバイスをさせて頂きます。

スタッフ一同、可愛い仔犬さんの来院を心よりお待ちしております!

  1. 仔犬・仔猫科について
  2. 診察料について
  3. 予約診療について
  4. 予防接種や寄生虫予防について
  5. 避妊去勢の処置について
年中無休 午前診療/9:00~12:00 午後診療/13:00~19:00
Tel.03-6913-3361 メールでのお問合せ
プリモ動物病院 練馬 案内図
ページトップへ