角膜のキズについて

角膜のキズ(角膜潰瘍)について

ご質問:「目にゴミが入ってから痛そうにしている…」「目をぶつけてから目が開かない…」「目が白く濁っているんだけど…」

 ワンちゃんが、目を痛そうにしていることはありませんか?散歩中、目に草木やゴミが入ってしまったり、どこかでぶつけたりした場合、角膜にキズができることがあります。

角膜腫瘍とは

●どんな病気?
 角膜潰瘍は、犬同士のケンカや散歩中の草木との接触などによって角膜の表面に傷ができる病気です。角膜に傷が生じると、とても痛く、視覚に影響を及ぼすこともあります。また、潰瘍が進行すると角膜に穴が生じる、「角膜穿孔」と呼ばれる状態に進行し、失明することもあります。

●症状は?
・目をしょぼしょぼさせる
・目を足でこする、目を床に擦り付ける
・目の周りを触られるのを嫌がる
・目が白く濁っている
・目ヤニが増える
・目が充血している
 角膜潰瘍も緑内障やぶどう膜炎といった他の目の病気と同様に強い痛みを伴います。症状だけではどの病気が原因か、判断がつかないことが多いため、きちんと検査をする必要があります。

●原因は?
 角膜潰瘍の原因は大半が外傷によるものです。ケンカや散歩中の草木との接触によって生じます。また、自分のまつげが角膜に当たることでも角膜潰瘍を起こすことがあります。

 シーズーやパグといった目が飛び出たような犬種、短頭種は角膜潰瘍になりやすいことが知られています。また、ドライアイや緑内障、ぶどう膜炎、目の細菌感染などの病気を持っている犬は角膜が弱くなっているため、角膜潰瘍を生じやすい状態にあります。

●検査方法
・スリットランプ検査
 目の表面の構造を詳細に検査します。
・フルオレセイン染色
 角膜の傷を染色することによって、その部位と深さを確認します。また、角膜に穴(角膜穿孔)が生じていないか確認します。

治療方法

●傷が浅い場合
 点眼薬(ヒアルロン酸点眼、抗コラゲナーゼ点眼、自己血清点眼、抗菌薬点眼など)を用いて治療を行い、角膜の再生を促進します。治療中はエリザベスカラーを装着し、自らひっかいたり、こすりつけたりすることで角膜潰瘍が悪化しないようにします。また、コンタクトレンズを装着し、角膜を保護することもあります。

●傷が深い場合
 傷が深い場合、角膜穿孔を生じやすいため、外科的治療が必要になります。まぶたを縫い合わせることで角膜を保護する方法(眼瞼縫合術)、結膜の一部を切り取り傷の部分を埋める方法(結膜皮弁術)などがあります。
 外科的治療を行う際も並行して点眼薬による治療を行い、角膜の再生を促します。

 角膜潰瘍は症状が軽いうち、初期のうちに治療が開始できれば、早く治りますが、傷が深くなったり、治療の開始が遅れたりすると治療が難しくなり、外科的治療が必要になること、失明してしまうこともあります。

ペットが目を痛そうにしている時、目が白く濁っている時は早めに動物病院を受診してください。

年中無休 午前診療/9:00~12:00 午後診療/13:00~19:00
Tel.03-6913-3361 メールでのお問合せ
プリモ動物病院 練馬 案内図
ページトップへ