よくある健康相談(犬・猫編)

よくある健康相談(犬・猫編)

ふるえについて

ご質問:「うちの犬が震えています。これって病気ですか?」

 多くのワンちゃんは動物病院に来ると震えます。これは病院が怖くて震えている場合がほとんどですが、自宅で怖い思いをしたわけでもないのに震えていたら、それは何かの病気の症状かもしれません。


犬はどんな時に震えるの?

 ワンちゃんが震える理由は大まかに分けると4つで、①恐い ②寒い ③痛い ④その他 が考えられます。

 最初の2つはとても単純で、人間と同じで何か怖いことがあると震えますし、寒ければ熱を発するために筋肉が震えます。一方で、人間ではあまり見かけないですが、痛みで震える場合です。
ワンちゃんでは痛みで震えることが多いと思います。

痛くて震える原因
 一言に「痛み」といっても、それがどこから発せられる痛みなのかは実際に調べてみないと分かりませんが、よく遭遇するものには次のようなものがあります。

 この中でも多いのが、腰が痛い場合とお腹が痛い場合です。腰が痛い場合には、ほんの少しの段差も登ったり降りたりを嫌がるようにあったり、背中のあたりを触るだけで痛そうに鳴いたりもします。また、お腹が痛い場合には、嘔吐や下痢などの症状が出ていることが多いでしょう。

  人間と同様ですが、犬も少し痛いくらいでは震えたりはしません。つまり、震えるほどの痛みというのは大きな病気の前兆や、大変な病気が隠れている可能性がありますので注意が必要です。

痛み以外の震え

 寒くもなく、恐い場所にいるわけでもなく、痛そうな素振りも病気も見つからないのに体がブルブル震えていたら…。その場合には脳神経的な病気(発作の一種)や、ホルモン疾患など代謝の病気が隠れている可能性があります。

 では、ワンちゃんがなぜ震えているのか?の原因を特定するにはどうしたら良いのでしょうか?

 それには、やはり診察と検査が必要不可欠になります。また、どれか1つの検査をすれば分かる、というような単純なものではなく、上記でお話した様々な病気では‘ないこと’をいくつかの検査を組み合わせて診断していきます。これを「除外診断」といいます。この病気ではない、あの病気でもない、と1つ1つの病気を除外していき、最終的に疑われる病気を絞り込みます。

 絞り込んだ病気に対する治療を実施することで、症状がどうなるのか、を確かめながら治療を進めます。

 「うちの犬が震えるなぁ」と思ったら、いつからなのか、どのタイミングで震えるのか、寒くはないか、怖い出来事がないか、元気や食欲はどうなのかを確認してください。そして、寒さや恐怖ではなく震えが続くのであれば、動物病院を受診しましょう。


年中無休 午前診療/9:00~12:00 午後診療/13:00~19:00
Tel.03-6913-3361 メールでのお問合せ
プリモ動物病院 練馬 案内図
ページトップへ