よくある健康相談(犬・猫編)

よくある健康相談(犬・猫編)

涙やけについて

ご質問:「この子、赤い涙を流すのよ…。病気かしら?」「涙のせいで、毛が赤くなっている」

 トイプードルやマルチーズなどでよく見られる、この涙によって毛が染まってしまう現象は‘涙やけ’と呼ばれています。涙の成分によって赤く見えること自体は病気ではありません。
しかし、病気で涙の量が増えている場合もありますので、そのことについてお話ししたいと思います。


涙やけの原因

①ペットの目・まぶたの構造
 犬の目も人と同様に、いつも潤っています。それは乾燥しないように絶えず涙が涙腺から分泌されているからです。
そして、涙だけではサラサラとこぼれたり蒸発していってしまうので、マイボーム腺から分泌された油成分がそれを防いでいるのです。

②涙が多くなる原因
 涙がまぶたからこぼれて毛を濡らすのには2つ原因が考えられます。涙が正常より多くなっている、または涙をとどめておけない異常があるです。

【涙が多くなる原因】
・眼の表面への刺激 ⇒ ゴミ、結膜炎、逆さまつ毛、緑内障、ブドウ膜炎etc.

【涙をためておけない原因】
・生まれつき ⇒ 内眼角形成異常(T.プードル、シーズー、マルチーズetc.)
・鼻涙管が狭い ⇒ 短頭種、まぶたの炎症、まぶたの内反・外反 etc.
・マイボーム腺機能不全 ⇒ 油成分の分泌異常

涙がこぼれてしまっている原因がどれかを知るためには、まず病院で診察を受けましょう。病気によって涙がこぼれてしまっている場合には、きちんと治療をすれば治ります。

③涙が茶色くなるのはなぜ?
 透明のはずの涙が茶色や赤色になって毛を染めてしまうのはなぜでしょうか?
 本来は透明なはずの涙が、毛を赤茶色に染めてしまうのには理由があります。涙の化学変化、紫外線による変色、バクテリアによる変色、が主な理由です。涙に含まれる”ラクトフェリン”というタンパク質が、外気中の鉄イオンと結合することで赤茶色に変色します。そこに紫外線があたることによって変性し、がっちりと毛が染色されます。また、涙やけを起こしているワンちゃんの顔がなんとなく臭いと思ったら…それは”赤色の色素を出す菌”が繁殖している可能性があります。

涙やけの対策

 涙やけを起こしてしまっているワンちゃんは、まず診察を受けて原因が何かを探る必要があります。原因に対処しつつ、毛に対しては赤茶色に染まらないようにする対策を講じていきます。

 涙が茶色くなる原因は、涙の化学変化・紫外線・バクテリアの3つですので、この3つの原因にそれぞれアプローチします。

 動物病院で扱う涙やけ専用商品には、涙に含まれる”ラクトフェリン”が鉄と結合するのを邪魔する物質を使用したローションがあります。この専用ローションは、ラクトフェリンが鉄と結合できないため、赤茶色に変化することを防げます。そして、増殖したバクテリアに対しては抗生物質の配合された眼軟膏を使用します。これによって涙やけが軽くなることがほとんどです。

 そして、まぶたにある”油成分を分泌するマイボーム腺”の働きが異常で、涙がこぼれてしまうワンちゃんの場合は、マイボーム腺が働きやすいように刺激してあげる方法があります。温庵法(おんあんほう)と言います。ただし、炎症があるのにこの処置をすると悪化する恐れがありますので、必ず病院で診断を受けてから実施しましょう。

■温庵法
 暖かい濡れタオル(濡らしたタオルをレンジで温める)で、眼の上から数分間まぶたを温めます。その後、瞬き運動を20-30回ほど繰り返すことで、マイボーム腺の油が出やすくなります。

 それ以外にも、「フードを変更したら涙やけが治った!」というお話を聞くことがあります。これは、フードに含まれるタンパク質が変化・減少することによって、涙に含まれるタンパク質が減ったためと考えられます。マイボーム腺機能不全や結膜炎などがない場合には、効果が見られることがあります。

 市販されている「涙やけクリーナー」なるものには、漂白剤や脱色剤(ブリーチ剤)が入っているものもあり、ペットの眼にとって良くないものもありますので、注意してください。

 マルチーズやトイプードルでは良く見かける「涙やけ」ですが、病気が原因となっている場合もあります。また、病気が原因ではない場合にも、様々な方法を組み合わせることによって顔の毛が赤茶色になってしまうのを防ぐことができます。まずは一度ご相談下さい。

年中無休 午前診療/9:00~12:00 午後診療/13:00~19:00
Tel.03-6913-3361 メールでのお問合せ
プリモ動物病院 練馬 案内図
ページトップへ