よくある健康相談(犬・猫編)

よくある健康相談(犬・猫編)

膝の脱臼について

ご質問:「ペットショップで、この子はひざが弱いですよ、って言われたけど…大丈夫?」

 トイプードル、チワワ、ポメラニアンやその他の小型犬種を飼っていらして、別に足を痛そうにしている訳ではないのに、ペットショップや動物病院で「この子はひざが弱いです」と言われたことはありませんか?
そして、痛そうにはしていないけれど、たまにケンケンしたり、スキップのような走り方になることはありませんか?
もしあるとしたら、それはひざの「さら」が脱臼しているせいかも知れません。


膝の構造と脱臼の原因

①膝(ひざ)の構造
 犬の膝も基本的には人と同じ構造をしています。太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨・腓骨)と膝の’さら’(膝蓋骨)が筋肉や靭帯でつなぎ合わされて、なめらかな屈伸運動が出来るようになっています。
 大腿骨には膝蓋骨がちょうどはまる程度の溝(滑車溝)が存在していて、膝蓋骨はその溝の上を滑るように動くことで、膝の曲げ伸ばしがスムーズに出来るのです。


②膝の脱臼とは
 大腿骨の溝を滑るように移動する膝蓋骨が、その溝からずれることを脱臼と呼びます。このうち、膝蓋骨が膝の内側にずれることを「膝蓋骨内方脱臼」といい、外側にずれることを「膝蓋骨外方脱臼」といいます。
内方脱臼は小型犬種で、外方脱臼は大型犬で多いとされています。


③なぜ脱臼するの?原因は?
 膝蓋骨の脱臼の原因は、大きく分けると2つあります。 1つは、滑る・ぶつかる・落ちる・踏まれるなどの事故によって大きな力が膝にかかって、グリッ!っと脱臼する場合です。この場合は大きな力が膝にかかりますので、非常に痛がります。
2つ目は生まれつきで、小型犬種ではこちらの先天性(生まれつき)のタイプがほとんど、と言われています。膝蓋骨がはまる予定だった大腿骨の滑車溝が浅く、膝蓋骨がきちんとした位置に留まっておけないために脱臼してしまう場合や、膝蓋骨を内側から引っ張っている筋肉が委縮して(ちぢんで)しまい、膝蓋骨が内側に引っ張られるように脱臼してしまう場合などもあります。

治療方法について

 フローリングで滑って脱臼してしまい痛くて足がつけない…このような場合には、飲み薬を飲んで痛みを緩和し、安静によって痛みがなくなる場合もありますし、その後に手術が必要となる場合もあります。

 一方で、生まれつきのタイプでは骨や筋肉の構造的な問題のため、時間とともに自然に治ることはありませんし、飲み薬で治ることもありません。構造的な問題を治すとしたら、手術しか方法はないのです。
ただし、もちろん全ての犬が手術を必要(手術が適応)とするわけではありません。
手術すべきかどうかは、脱臼がどの程度なのか、犬が何歳なのか、他の病気がないかどうか、といったことを見極めながら決められます。


年中無休 午前診療/9:00~12:00 午後診療/13:00~19:00
Tel.03-6913-3361 メールでのお問合せ
プリモ動物病院 練馬 案内図
ページトップへ