よくある健康相談(犬・猫編)

よくある健康相談(犬・猫編)

外耳炎について

耳の汚れや臭い

ご質問:「最近なんだか耳が臭いし、お掃除してもすぐ汚れちゃう。どうしたんだろう…」

 もしペットの耳の中からイヤな臭いがしたり、耳の皮膚が赤かったり、茶色や黒色の汚れが目立つようであれば、それはもしかしたら「外耳炎」かもしれません。

 まず、動物(犬)の耳はどのような構造になっているか見てみましょう。
 耳は、外から見える耳(耳介)から耳の穴(外耳口)を経て耳道へとつながっていきます。そして、ペットたちの耳は人間と違って、垂直耳道と水平耳道と呼ばれる曲がりくねった耳道を経て、鼓膜へとつながっていきます。
 この耳介から鼓膜の手前までを「外耳(がいじ)」と呼びます。鼓膜の奥の空間を「中耳(ちゅうじ)」、さらにバランス感覚を司り脳へとつながる部分を「内耳(ないじ)」と呼びます。

外耳炎の症状と治療

 外耳炎とは、その名の通り外耳で炎症が起きている状態をいいます。外耳で炎症が起こる原因は、一般的には寄生虫(耳ダニ)、細菌の感染、真菌(カビ)の感染、異物の混入、腫瘍などがあります。

 外耳炎があると茶色や黒色の耳垢が出てくることが多く、炎症が強ければ違和感や痒みから、耳を掻く仕草をしたり頭を振ったりすることがあります。

外耳炎の治療方法は、まず外耳炎の原因を探ります。耳鏡と呼ばれる専用の機器で耳の奥を観察し、そして耳垢を顕微鏡で調べます。そして炎症を起こしている原因に対して、薬を使って治療していきます。多くの場合は耳に薬を垂らす点耳薬での治療が可能ですが、非常に強い炎症がある場合には飲み薬を飲んで治療する場合もあります。

外耳炎になりやすいのは垂れ耳だから??

 通常、外耳炎はきちんと治療すれば繰り返すことはありません。繰り返す外耳炎の原因として、よく「垂れ耳で蒸れるから外耳炎になりやすい」と言われていますが、実はこれは正しくありません。

 確かに垂れ耳だと通気性が悪そうで蒸れているような気がしますが、外耳炎の直接的な原因にはなりません。外耳炎が長引く、もしくは繰り返される理由は主に2つです。

原因①
 適切な薬剤・治療がされていないこと。ダニ・細菌・カビなどに対して、きちんと有効な薬を使わなければ、いつまでたっても外耳炎は良くなりません。

原因②
 そもそも耳の中での炎症が単純な感染によるものではないことです。なぜ菌が増えているのか?なぜカビが増えているのか?なぜ赤くなっているのか?それらの原因を治療しなければ、何度も何度も症状を繰り返します。

繰り返す外耳炎の原因No.1はアレルギー!

 意外に思われるかも知れませんが、若い頃から繰り返す外耳炎の原因として最も多いのが、アレルギーです。これは、食べ物に対するアレルギーの場合もありますし、花粉やハウスダストなどに対するアトピーの場合もあります。

 何かに対するアレルギーがあると、その物質(アレルゲン)に対して体の中で過敏反応が起こります。その過敏な反応が耳の中の皮膚で炎症を引き起こし、皮膚のバリア機能を低下させてしまうのです。バリア機能が低下した耳の中では、細菌やカビが増殖し放題の状況となります。
 こうして引き起こされた外耳炎は、根本的な原因であるアレルギーを治療しなければ治ることはありません。一度治ったように見えても、すぐに繰り返されてしまうのです。

 また、アレルギー以外の外耳炎の原因としては、耳の腫瘍などが疑われることがあります。ペットが中高齢を過ぎてから急に外耳炎になり、しかもそれが片方の耳だけの場合などがその例です。
 耳の中に出来る腫瘍は皮脂などを異常に分泌することが多く、そのために細菌の増殖しやすい環境になってしまい外耳炎が引き起こされます。耳の中に腫瘍を疑うものがあれば、それに対する治療を行わなければ、やはり外耳炎は良くならずに繰り返されてしまいます。

 ペットの耳がにおっていたり、痒がっていたり、汚れが溜まっていたり。そんな症状が見られたら、「たかが耳」と思わずに病院で診てもらいましょう。さらに「昔から耳は悪くなりやすい」というペットは、「垂れ耳だから」ではなく「アレルギー」の可能性が高いため、きちんと診断して治療すれば完治する可能性もあります。


繰り返す外耳炎

アレルギー治療後

年中無休 午前診療/9:00~12:00 午後診療/13:00~19:00
Tel.03-6913-3361 メールでのお問合せ
プリモ動物病院 練馬 案内図
ページトップへ